Wednesday, December 15, 2010

移民削減

アメリカもそうだと思うけど、オーストラリアも移民の数を減らそうと頑張っております。
10年以上前はほんと簡単に移民できたらしいけど、年々厳しくなっています。
10年後なんてきっとだれも移民できないんじゃなかろうか。と思ってしまう。
今年の一月に改定された規定で大幅に永住権申請できる職業がカットされ、
大量にこの国を出る人が増えたのは激しく記憶に新しい。
更に先月中旬にもまたビザの申請条件の改正。。もはや、申請するなと言ってるようなもの。。
改定後の技術移住ビザで申請できる人はほんと玉の輿に乗るような感じだと思う。
詳しくはこちらで確認してください。

英語のテスト(IELTS)も1、2年前はは5とかでよかったらしい(もっと昔は英語力関係無し!)が、もはや7です。
7ってのは、この英語資格比較表(参考程度)でみても結構高い。
しかも、IELTSってやつは、TOEICのようにマークシートでreading, listening 場合によってspeakingとは違い、
読み、書き、聞く、喋るの4技能をチェックされ、あげくの果てにそのうち一つでも7を下回ったらいくらアベレージが8とかでも
永住権の申請すらできないのです。ちなみにこのテスト一回の受験が280ドル。
10回とか受けてる人ザラにいます。しかも、テストは数ヶ月待ちとか当たり前です。。
テストは朝から夕方迄。かるーく、飲んでもないのに千鳥足になれます。
どうやら、永住権を出したくないため、政府が7以上出させないようにコントロールしてるって言う話もかなり聞きます。
オーストラリア以外の国で受験した方がスコアが高くでるようです。なんてこった!
ほんとに綺麗な世の中ってのはないものなんだなあと痛感します。

パートナービザ(結婚したり、それ相応の人の為のビザ)も知り合いの弁護士曰く、今年2500人削減したようです。
パートナーの人たちにビザをおろさないってことは、結婚しても永住権がおりないってことです。
切ない話だなあ。
でも、日本のビザを取得するのはもっと大変だそうですよ。
結婚してても、永住権はもらえないとか聞いたけど、だとすると大分厳しいなあ。日本。

そもそも、この移民を減らそう大作戦は、移民を大量に受け入れすぎて人口が莫大に増え、住宅、食べ物、資源などが追いつかないとかなんとか。。考えようよ!!って話です。
でも、まだ難民の受け入れはしているようです。クリスマス島というところに難民が入国待ちであふれているようです。。
そういえば、こっちに9年くらい住んでる日本人の子、どうやったら難民になれるか真剣考えてた。。
実際、難民になるのが一番手っ取り早く永住権が取れるのかもしれない。。
しかし、国籍日本だと、確実に難民にはなれないだろうな。。
友達が言ってたな、賢い難民はアメリカ、次カナダ、最後にオーストラリアに引き取られるらしい。。アホまみれになるやん。。

ほんとビザ問題ってのは、どこの国でも外国人を苦しめるもんだなあ。
わたしのはいつおりてくれるんだろうかー。
おばあちゃんになっちゃうよー。。

No comments:

Post a Comment